CATEGORY

金魚

  • 2013年10月3日

浜松らんちゅう

日本の高級金魚の代名詞ともいえるらんちゅう。らんちゅうは全国的に有名な系統、産地がいろいろありますが、当店で取り扱っているものでは浜松産が一番多いですね。浜松市を中心とした遠州地方は、実はらんちゅうのみならず様々なペットの生産が盛んな場所としても有名なんですよ。ウチでも、もともと小鳥やハムスターの仕 […]

  • 2013年8月24日

黒メダカ

一般にペットショップで売ってる黒メダカといえば、野生体色のメダカのことを指す。でも、これは黒と言っても実際には真っ黒じゃなく、どちらかといえばグレーと言った感じの体色だ。今回紹介するのは本当に黒い”リアル黒メダカ”とでもいうべきメダカです。このメダカの作出過程は諸説ありますが、黒の濃い野生体色のメダ […]

  • 2013年8月20日

タナゴ

タイリクバラタナゴの白化個体です。アルビノタナゴでもイエローバラタナゴ(写真手前の魚)とは違い、眼も赤い完全アルビノです。タナゴのアルビノ品種はまだ少なく、他にはトンキントゲタナゴくらいしか流通してません。そういえば、最近ミヤコタナゴのアルビノの作出に博物館で成功したというのがニュースになっていまし […]

  • 2013年8月9日

琥珀メダカ

水草との相性もピッタリ、レイアウト水槽にもよく合う渋美メダカです。琥珀メダカの琥珀とは、琥珀のベンさんがリアスの定位置でいつも磨いてるアレのことです(~byあまちゃん)。その琥珀のような飴色のボディとオレンジ色のヒレが特徴で、飼いこんで婚姻色が出たオスはメダカとは思えないような美しく深みのある色合い […]

  • 2013年8月8日

オランダシシガシラ

安い、丈夫、カッコイイと金魚の王道とも言える品種、それがオランダシシガシラです。名前に付いてるとおりオランダが原産・・・というのはウソで、オランダとは全く関係ありません。実際は江戸時代に中国から琉球王国を経て国内に輸入されてきました。なんでオランダなのかといえば、当時日本は鎖国状態で、当時の貿易相手 […]

  • 2013年8月2日

MIX金魚

当店の金魚は、高級種、レア種など、基本的には1匹づつハンドセレクトしたものの品ぞろえを中心にしていますが、こういうビギナー向けの安価な金魚も、もちろん取り揃えています。MIX金魚はその都度違う種類の組み合わせですが、今回仕入れたのはランチュウ体型のMIX金魚です。ランチュウ体型のMIXは中国産の輸入 […]

  • 2013年7月28日

玉黄金

玉黄金というのは、玉サバのいわゆるイエロー、またはゴールデンタイプのことです。でも・・・実際には玉サバ体型のものは少なくて、イエロー和金というか、それのMIXといった感じですね。実際に三つ尾の魚なんかも混じってますし。まあ、元が玉サバだとすると、結構大型化するんじゃないでしょうか。この手の魚は単独で […]

  • 2013年7月26日

楊貴妃メダカ

ヒメダカを漢字で書くと緋目高となる。緋というのは赤色の事。それも鮮やかな赤という事。しかし現実のヒメダカはどちらかといえば黄メダカという感じだ。そういう意味で真の緋めだかというのは、ヒメダカをより赤く改良した、この楊貴妃メダカと言っても過言ではないでしょう。お値段もかつては1匹¥5000くらいしてた […]

  • 2013年7月24日

幹之メダカ

もう、すっかりポピュラー種となった幹之メダカ。価格は商品グレードによって結構幅があって、当店でも安いものは5匹で¥980から。もちろん安いものは、いわゆる点光、弱光といわれるもの。やっぱり一番人気なのは写真のスーパー光です。数年前は一匹¥5000~¥10000くらいで販売してましたが、最近ではかなり […]

  • 2013年7月21日

国産ピンポンパール

昔からアクアショップで売ってたパール琉金とかパールスケールとか珍珠鱗とか呼ばれている魚は、どちらかというと長手のものでした。近年になりショートボディ、ショートテールのパールが中国、タイなどからピンポンパールと称して輸入されるようになり大人気となりました。輸入ピンポンパールって意外と管理が難しく、ショ […]

  • 2013年7月20日

ブリストル朱文金

イギリスで改良されたハートテールの朱文金。かつては某問屋の証明書商法で高価に取引されていましたが、現在は高品質の魚が国産化されており、入手性も価格も安定しています。今回の入荷は当歳、二歳、三歳とそろっています。特に二歳、三歳の個体は埼玉の木村梨園(木村養魚場)産で浅黄色、ブルーの載りも良い個体たちで […]

  • 2013年7月19日

水包眼

中国産の水泡眼は、とにかく水泡部分がデカいのが特徴。あまりにデカすぎて重いのか、水槽底部で一休みしていることが多いようだ